どんぐりんの日々是好日

好きなもんは好き(≧▽≦)  あれもこれもエイトも気の向くまま指のむくまま書いていきますよ~でも 横山くんが一番好き(≧▽≦)

ひとつめのグチ

明日

旦那のもと同僚の方が

おまいりに来られる。

もと と一言で言っても

転職したり 会社かわったり 辞めたり

独立したり

最後 会社作ったり

あれやこれやで

どれなのか わかりずらい。

そして

いずれにしても 私会ったことのない人。

そして 旦那がどの会社も好ましくは思ってなかったのも間違いない。

なのに 何故来るのか?

その方

たまたま 旦那と話したいと思って電話かけてきた。

四年近くも連絡とってないのによ!

そしたら

私 状況説明するしかないでしょ…

当然驚くね

電話した相手が亡くなってるんだから

その方 他の同僚と相談するっていって

また かかってきて


もう一人ときますってー

断れんわなー 私


懇意にしてもないけど (多分)向こうが旦那をすいていて
たまにたまーに 旦那の携帯にかけてきて喋ってたのは知ってる
(それも夜だし 旦那酒飲みながら仕事してるし(←自営でSE )  だから長いのなんの)


20年前からの付き合いって云われても
間とぎれてるし

亡くなって三年半たってるし


こんな 田舎こなくてもなー


遠い空のした

冥福を祈ってくれたらいいのにね

と言ったら

聞いていた息子1号

そりゃあ 仏壇のまえで手をあわせて
線香の一本でもと思うんじゃないのー?

って

日頃 常識とかけ離れたところにいるくせに こんなときは 至極常識的なことをおっしゃる

その常識 自分にいかしてくれー


うちの旦那ね

かなり 自己努力のひとでね

自分にきびしく 人並みはずれた勉強家
(関心のあることにはね)

だから 人にも厳しい

だから たいてい同じ仕事する人を誉めたことがない(たまにいたけど片手もいない)

誉めるどころか くさすくさす…

家庭もあるのに あなたほど出来ないでしょうよと 相手に同情するくらいボコボコ

そんな方々に来ていただくのは申し訳ない


…面倒だ(笑)

息子より 私のほうが非常識なのである

でも とりあえず

朝から掃除して お茶くらいは用意しとこう


そんな愚痴(笑)




愚痴はまだもう一つあるので

またあとで