読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐりんの日々是好日

好きなもんは好き(≧▽≦)  あれもこれもエイトも気の向くまま指のむくまま書いていきますよ~でも 横山くんが一番好き(≧▽≦)

三冊目

なんとか読み終わり

返却日に間に合いそうです(笑)


その最後の本は


f:id:dongurin23:20161001134839j:plain

書評をみたわけでもなく
作者さんを知っているわけでもなく
表紙の色と
タイトルの月兎耳にひかれて
借りただけです。

三編のお話が入ってまして
比較的読みやすいお話です。

タイトルの月兎耳の家は
主人公が 何年も会ってない叔母さんの介護…と言っても施設に入るまでの一ヶ月間…しながら 家の整理を手伝うなかで 叔母さんの過去の話がひもとかれるみたいなストーリーです。介護といっても 足を骨折してるための介助なので そういった話ではありません。
タイトルの月兎耳が大事なキーワード?でてきます。これは多肉植物なのですけど 他にもお庭の様子が要所要所がでてきて なんかそれが印象深かったですね。

二つ目のお話は
主人公が 育ての叔父さんに山荘の管理を任されるのですが そこがただの山荘ではなく あちらとこちらの世界をつなぐ境目にあるんです。そこで主人公の自分の過去を織り交ぜながら そこにやってくる あっちの人や こっちの人の話です。
書き方が悪いだけで こんな軽い感じではありませんよ(^.^;
これも 一つ目同様自然の描写の仕方が
すてきで 頭の中で映像が浮かびつつ読んでましたね。

お話はどれも 決してバッドエンドではありませんが 明るくなる話でも軽い話でもありません。
でも 私的にはいい感じで余韻残ってます。



教訓

今度からは 予定をよく考えて
欲張らずに借りよう!





追加

友達のブログを見いたら

どうも 我が家にお花の種が届くようです。

オキシペタラムというお名前 (≧▽≦)

???? 聞き覚えのある名前・・・

自慢ではないけど 登場人物だろうと物の名前だろうと花の名前だろうと

カタカナのものは覚えられません・・・私。

で、ネットで調べていたら 記憶復活

今朝がた見た 秋まきにおすすめの花というのに載ってたやつでした (+o+)
朝の事を夕には忘れてるよ (笑)

説明文のなかに

" 切り口からでる白い液体はかぶれることもあるそうです " という一文あり

イソトマ(←珍しく名前を覚えている )と同じだわーとあまりかぶれないくせに 却下した花ですよ ( ゚Д゚)

その案件以外はかわいくて 好みでしたけど

送られてくるなら それも縁だね (笑)

もう植える場所もシュミレーション済み。

問題は うまく育つかだね・・・

下調べしてやたら細かいくせに 面倒になって意外と雑な私です(>_<)



かぶれる花って 似てるのかなぁ~

オキシペタラムf:id:dongurin23:20161001223000j:plain
イソトマf:id:dongurin23:20161001222945j:plain

並べてみたら そうでもないかー