読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐりんの日々是好日

好きなもんは好き(≧▽≦)  あれもこれもエイトも気の向くまま指のむくまま書いていきますよ~でも 横山くんが一番好き(≧▽≦)

桜ちらほら

先月 あれこれあって… 

(いや、あれこれではないな問題はひとつだな)

 

かなり ヘコんで

 

未だ浮上はしませんが 底の底で開き直ってきました。

 

 

 

我が家の場合

 

落ち込んでも 愚痴をこぼす相手って

 

ひとりしかいないんですよσ(^_^;

 

ええ あれですよ あの人…

 

息子さんですよ(笑)

 

役不足ではあるんですが(しょうがないので)

 

イロイロ愚痴ってたら

 

 

それって いじめられっこの思考じゃね?

 

という指摘 (-_-#) ピクッ

 

 

過去経歴から言うと

私はそちら側ですから 図星なご意見。

 

そーーかーーと

 

ずっと その言葉が頭の中に引っかかり

 

イロイロ考えに考え 何周も何周もまわって

 

でた 答え

 

自分は悪くない!何もしてない!

 

開き直ります。

 

 

何度も何度も 私が悪かったかもとか

反省点もあるんだけどとか 誤解されるとこもあるかもとか 考えてたんですけど 

私は悪くない。

自分の思い通りにしたい人に足をひっぱられ

そんな人に扇動される人にたたかれ

結局 明快な理由も案件もでてきやしない。

誰一人 (自分は正しいと思い)自省のない人たちのなかで 私一人が反省する必要なんてありゃしません。自分を貶める必要はありません。私は ただただ 目の前の仕事を…やるべきことを以前よりも誠実にやるだけです。

アラヒフをまわり 守りにはいってましたが チャンスがあればチャンスにてをのばす勇気も 未来への希望も捨てないことにしました。

 

 

今日は そのような人に怒鳴られました。

私やってる仕事のひとつを その人に引き継ぐことになったので 先月から準備して 徐々にすすめています。私の都合でも意向でもありませんし 私の楽のためでもありません。上司命令です。(その仕事がほしかったんだと思います。その人たちが。)

なのに 今日その仕事の話をしていたら(引き継ぎ書を書いて渡していたのに 読まずにその仕事をしたため間違っていた。のでその指摘をした。決して失礼な態度ではありません。回りの人の証言あり)

急に怒鳴りだして つくえを叩き

自分は忙しいのに 次から次に ばらばらと自分ばかりに仕事を回してというのです。

???でしたけど とりあえず 今忙しかったなら すみませんとあやまりましたが

いえ どんぐりんさんに怒ってるわけではありません 自分に怒ってるんですと 怒鳴るんです。ロッカーがん!机ばん!みたな(笑)

年度末でお忙しいんでしょうけど 自分に怒ってるといいつつ 人前で怒鳴るもんなんでしょうか? そこそこ責任ある役職で それなりの年齢の男性の態度とは思えません。しょうがないので その場を離れましたが 後から続きをしてくださいとこられました。 怒鳴ったことへの謝罪もなく… 続きをしてくれと。

そもそもが そんな仕事を以前してたという触れ込みなんだから 引き継ぎ書類みたら だいたい出来ると思うんですけどね。(トップにやってました 出来ますと言ったと思われる。どんぐりんは態度が悪いから その仕事からはずしましょう。僕が出来ます。だろうと推察)

私が 十数年前その仕事をもらったとき、

ほぼ引き継ぎなく 自力で勉強 自分で本買って ありとあらゆる資料めくって 何度も痛い目にあいながらのマスターしました。おまけに 毎回神経使う仕事のわりに 給与に変動なし。なのに 今回はこれで減給。

それでも私は まじめにかなりの量の引き継ぎ書類作りましたけど。それを ひーひー言いながらやられても困るんですよね。御本人がやりたかった仕事なんでしょうから。

 

先月からの低迷は こんなことなんですよ。

さっさと引き継いでしまいたーい(笑)

ただ キレキレおやじが思ってるより いろんな仕事に繋がってるから面倒(難しくはない)だと思います。

あなたのこと仕事出来ると思ってないとまで

上司に言われたどんぐりんの仕事ですから たいしたことありゃあしません。

 

減給なうえに

仕事が出来るとは思ってないまで言われたんですよー

 

別に仕事出来ると思ってはいませんが

そのよーな生意気な態度なんでしょーねー

 

私は とっつきの悪い不器用ものですから

(これは自覚あり)

本当に大したことありません

せいぜい普通(よそにいったらね)

でも うちの職場は まじレベル低いとは思います-_-#

だって 出来の悪いどんぐりんが十数年もデカい顔して仕事できるんですから。

 

 

そんな ケッ💢てなお話でした。