どんぐりんの日々是好日

好きなもんは好き(≧▽≦)  あれもこれもエイトも気の向くまま指のむくまま書いていきますよ~でも 横山くんが一番好き(≧▽≦)

豆の上で眠る


f:id:dongurin23:20170805210201j:image

文句いいつつ、見れば手に取る湊かなえ(笑)

 

本の帯に書いてあるところが

 

この小説の肝です。

 

初っ端から引き込まれて

 

ずんずんと読み進んでしまいます。

 

さすが 湊さんです。

 

主人公である妹ちゃんの回想が長いのだけど

(この流れで核心まで行くの?って長さ)

 

感情移入は出来ました。

 

それが 最後ラストスパートで

 

なんとなーく予想がつき始めます。

 

でも思った通りだとしたら湊さんじゃないよね

 

なんて思ったら 予想通りなんだけど更に力業でひねり倒した結末…(-_-#)

 

いつもの モヤモヤでなくて

 

突き放された感じ??!

 

本物って何ですか?と問われても。

 

妹ちゃんが可哀想としか言いようがないな。

 

それぞれが悩み苦しんだのだろうけど

 

ひとり振り回された感じが半端なく

 

私が妹ちゃんなら どれも受け入れ難く

 

茫然自失。

 

これが狙いでしょうか?