どんぐりんの日々是好日

好きなもんは好き(≧▽≦)  あれもこれもエイトも気の向くまま指のむくまま書いていきますよ~でも 横山くんが一番好き(≧▽≦)

うまれかわる

雑誌の発売日はずれるけど(笑)

直木賞受賞作品は大して待たずして図書館で借りれる程度の田舎に住んでおります。

 

月の満ち欠け
f:id:dongurin23:20170823201828j:image

 

話はよくできております。

導入はもったいつけた感じで入り込みにくかったのですが (徐々にわかっていく謎を隠すため) 読み進めるうちに 次へ次へと読み進みたくなります。

結末も ありきたりでなく そっちにきたか!って感じで がっかりしませんから。

 

主人公の男性の前に 十数年前に亡くなった娘の生まれ変わりという女の子があらわれて

過去にさかのぼったり それに関わった人の話がでてきたりしつつ 話は進みます。

ありきたりの生まれ変わりの話ではなく よく練られています…が ひねりすぎて私の頭では途中何度か復習しつつ読み進めるはめとなりました(^。^;)

初老のおっさん目線なので 女性の感性とは違うなってのと

その女の子?女性の生まれ変わりの動機づけ?が今ひとつ(私には)説得力がなく うーんww   そこまでして生まれ変わりたい?

結局 男性の作家さんなので男性の希望的観測なのだろうかと思う話でした。

話の展開はおもしろいけど 感動はないな_(._.)_

ばっさり(笑)