どんぐりんの日々是好日

好きなもんは好き(≧▽≦)  あれもこれもエイトも気の向くまま指のむくまま書いていきますよ~でも 横山くんが一番好き(≧▽≦)

ぶらり旅 その2

前日は ふーこさん別荘で歓待をうけ

調子にのって 遅くまでしゃべっていたため

朝目覚めたのが出発時間(汗)

大慌てで 別れを惜しむ間もなく出発 ( ゚Д゚)

お片付けもせず 申し訳ないの一言です。 ←すいません

そんな ドタバタなスタートでしたが・・・・

 

 


なんとか 伊勢市駅に無事到着  
f:id:dongurin23:20180314201650j:image

 いい天気です。

 

 

まずは外宮参拝のため

駅から 外宮参道をとおって外宮へむかいます。
f:id:dongurin23:20180314200935j:image

参道には こんな寄せ植えがあちこちに ⤴

 

 

 

伊勢市では 年中 閉め飾りがかかげてあるとのことでしたが

たしかに あっちでもこっちでも ↓

 
f:id:dongurin23:20180316001437j:image

 

 

外宮がみえてきたところで
まずは腹ごしらえ
f:id:dongurin23:20180314201857j:image
ガイドブックをみて気になっていたお店です。

白木箱にはいって登場 

お店のお姉さんがふたをあけてくださいます。

そして メニューの紹介 \(^o^)/ おかゆと おかゆの出汁はお代わり自由 

おいし~ 噂通りでした。

 

ふとみると
f:id:dongurin23:20180314201041j:image

 月の満ち欠けとなっております ⤴

こまかい細工ですね。

 

 

ご飯がすんだら 気を引きしめて・・・

 

 

 

いよいよ 伊勢神宮 外宮です。
f:id:dongurin23:20180314201118j:image

なんとなく ものものしい雰囲気・・・神官さんとか 警備の方々、

伊勢神宮ってこんなとこの?と思ってたら

皇太子殿下がブラジル訪問されるとかで 名代の方がご報告に来られるとか…

そのタイミングとバッティングしたようです。

名代の方(←宮内庁の人ね) 優先なので 観光客はそのたびに足止めです。

内宮でも 足止めにあいました( ゚Д゚)

 

外宮の正式名称は 豊受大神宮

天照大御神のお食事を司る神様だそうです。

 

境内は 広しい おごそかなムード

森林浴してるようです。 
f:id:dongurin23:20180314201219j:image

↑ まずは 正宮から。メインのお宮です。

ここは撮影禁止です。

正宮では 自分のことをお願いしてはいけません。

国家安泰とか でかいことを感謝します。

 

続いて 別宮へ参ります。個人的お願いはこちらです。

3つあるうちのひとつ 多賀宮
f:id:dongurin23:20180314201315j:image

階段に はーはー ゼーゼーです。

 

土宮
f:id:dongurin23:20180314202340j:image

風宮

 

赤い鳥居とか 金ぴかではなく いたってシンプルな造りです。

かえって それがありがたい感じ・??

 

 

続ては 内宮へ

バスの便は 10分おきくらいにあります。

外宮と内宮は離れているのでバスでいきます。
f:id:dongurin23:20180314201651j:image

伊勢神宮は 内宮と外宮の二つでセットですので 片方だけ参拝というのはタブーだそうです。順序も 外宮→内宮です。

 

 

・・・といいつつ

内宮に行く前に 猿田彦神社へ寄り道
f:id:dongurin23:20180314202025j:image

こちらは 万事をよい方向へ導く みちひらきの神様です。


新しいことをはじめようとするときに良いそうなので 私にピッタリ(笑)

本殿の前にある古殿地の方位石にさわるとご利益があるようで

仕事運をあげたい人は、『亥→卯→未』

しっかり 触ってきました(笑)

みちひらきのお守りも 一ヶ年御神符も 御敷地之砂もね しっかり購入。

 

 

 

ここから 内宮までは歩いていける距離です。

歩いてはみたものの 天気のおかげで気温が上昇中 

日陰が気持ちいい~(≧▽≦)

 

 

おはらい横丁も気になるところですが まずは参拝!と内宮へむかいます。

 

 

まずは宇治橋わたります。  右の写真が五十鈴川です。
f:id:dongurin23:20180314201704j:image

時間も 昼近くなので人がけっこう増えてきました。

 

f:id:dongurin23:20180316001537j:image

 

神苑を歩きすすむと・・・

 
f:id:dongurin23:20180316001700j:image

五十鈴川の御手洗場が見えてきました。

近くに手水舎もありますが もともとはここで手を清めたとか・・・

f:id:dongurin23:20180316002058j:image

鳥居をふたつこえると

 

楽殿がみえてきました
f:id:dongurin23:20180314202115j:image

 さらに進み 石段をあがると メインの御正宮です。

御幌(みとばり・・幕です)がふわ~っと上がるのは神様の歓迎の印なのだそうです。

(とテレビで言っていた)

手をあわせていると 少しまったので 歓迎していただけたのでしょうか?

まっ 私でけでなく たくさんの方が参拝されてますけどね。

 

 

御稲御倉だったかな?  ↓
f:id:dongurin23:20180316002212j:image

立派な杉の木でしょ~
f:id:dongurin23:20180316002304j:image

みんなが撫でまわすのでツルツル(笑)

 

 

別宮 荒祭宮

ここも 個人的お願いOKです。
f:id:dongurin23:20180316002406j:image
天照大御神の「荒御魂」(荒々しく顕著なご神威をあらわす御魂の働きをいう)がまつってある別宮です。

 

 

このころには どこに行っても行列だらけで

歩き疲れたので(笑) 参拝強制終了。

 
f:id:dongurin23:20180316002635j:image

 出口付近のお神札授与所を遠目にみて

ジャニーズのライブのグッズ販売所みたいと思ってしまいました(笑)

 (うえのところに 商品見本がかざってあるところ)

 

 疲れたら ご飯だご飯だと お宮を後にしましたが

おはらい町 人多いわ!
f:id:dongurin23:20180316002841j:image

 

 

人はならんでいるけど 回転はいいので

さほどまたずに 伊勢うどん
f:id:dongurin23:20180316002951j:image

太いけど もちもちでやわやわ 

讃岐うどんのようにみえますが違います。

 

 

松阪牛のくし
f:id:dongurin23:20180316003927j:image

残りの一個を落とす 痛恨のミス

 


有名なメンチカツ

f:id:dongurin23:20180316003007j:image

カラスに要注意と張り紙がありましたが

カラスではなく ハトに襲われているひと目撃( ゚Д゚)

 

 

全部たべたわけではありませんが お店をいろいろ散策。

 

 

お豆腐ソフト大行列 (゚Д゚)ノ


f:id:dongurin23:20180316003049j:image

 

まるてん とか スティック野菜とか 地元のお酒とか

干物屋さんもあったな~ 試食おいしかった(笑)
f:id:dongurin23:20180316003141j:image

とんかつ屋さんの看板
f:id:dongurin23:20180316003207j:image

名物 へんば餅
f:id:dongurin23:20180316003239j:image

 

通りの郵便屋さん
f:id:dongurin23:20180316003259j:image

 

招き猫だけでなく・・・・
f:id:dongurin23:20180316003322j:image

 

要所要所で・・・
f:id:dongurin23:20180316003341j:image



おかげ犬が かわいい
f:id:dongurin23:20180316003418j:image


f:id:dongurin23:20180316003507j:image

 

後半は 人の多さと暑さにやられましたが (笑)

目で見て楽しむ。

 

 

 最後のしめは カフェでコーヒータイム


f:id:dongurin23:20180316004047j:image

桜風味の和菓子が美味でした (≧▽≦)

コーヒーもなかなかwwww

 

 

観光地だから しょうがないのでしょうけど

価格はともかく ←とかく高いもの

評判ほど いえ この味どうなのってところも(´・ω・`)

メンチカツ がわがカタスギ

まあ 観光地だからねwwww

 

 

 

帰りは 伊勢市駅ではなく こちら宇治山田駅から乗車
f:id:dongurin23:20180316003538j:image

皇室の方は こちらを使われるのだとか・・・

そのせいか レトロでりっぱな駅舎でした。

 

 

こちらから一時間半かかって 名古屋駅までもどり

 

そのあとは さくさくと新幹線で帰宅 ♪

(駅弁たべながらね)

 

結構疲れましたが ←日頃の六倍は歩いた(笑)

念願があれこれ叶いまして楽しい旅でした。